COTTON CLUB

<小曽根真 "OZONE 60 in Club" New Project "From OZONE till Dawn" Part IV. "A Rose & The Beasts" featuring 石川紅奈 & DENNIS FREHSE Special Guest:曲輪大地 公演延期のお知らせ>

平素よりコットンクラブをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。 このたび、 8月24日(火) & 8月25日(水)に予定しておりました「小曽根真 "OZONE 60 in Club" New Project "From OZONE till Dawn" Part IV. "A Rose & The Beasts" featuring 石川紅奈 & DENNIS FREHSE Special Guest:曲輪大地」公演は、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、アーティスト側と協議のうえ、公演日程を下記の通り変更して開催することとなりました。急な変更となり皆さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

<変更前>
2021. 8.24.tue & 8.25.wed

<変更後>
2021. 11.1.mon & 11.2.tue

すでに登録されているご予約は、変更後の日程で継続の取り扱いとなりますが、ご都合が合わない場合は、返金手続きをさせていただきますので、誠に恐れ入りますが、お電話でご連絡をいただきますようお願い申し上げます。

※お客様の方でインターネット上のキャンセル手続きをされますと、お客様負担でのキャンセル料が発生いたしますので、お手続きをされないようご注意ください。
※本公演をご予約いただいていたお客様には順次メールまたはお電話にてご連絡を差し上げます。
※振替公演の詳細は、近日中にコットンクラブHPとSNSにてお知らせいたします。

CALL:03-3215-1555

2021年8月9日
コットンクラブ
<ライヴ配信が急遽決定!>
8月公演は残念ながら延期となりますが、8月24日(火)に無観客でのライヴ配信を行うことが、あらたに決定しました。

ライヴ配信の詳細はこちら>>

特集ページ

インタビュー記事

出演アーティスト・プロフィールはこちら


“From OZONE till DAWN”

なかなか夜明けが来ないこの世界。
いつまで続くか皆さんも不安の中で暮らしていらっしゃると思います。音楽を愛する皆さんがひとときジャズクラブという特別な空間で、ミュージシャンと作り上げる至福の時間。これは僕たちにとっても今を生き抜くためのエネルギーになっています。

しかし今、せっかく育ってきた次世代の素晴らしい才能を持ったミュージシャン達が皆さんと出逢う場所、皆さんに磨かれる時間を奪われています。僕自身、素晴らしいお客様の前で演奏することで今も成長させていただいています。Gary Burton, Dizzy Gillespie, Quincy Jones, Jon Hendricks, そして今年の2月に旅立ったChick Corea…多くのジャズのレジェンド達に教わり、助けられて小曽根真は今このステージに立たせてもらっています。

今年の夏、世界に向けて若い才能を紹介していくプロジェクトを立ち上げます。

まるでジャズクラブの営業時間のような “From Dusk till Dawn” (日没から夜明けまで)という言葉がありますが、このプロジェクトは美しい地球をとりまくオゾン層から昇ってくる光をイメージして命名しました。それに先駆けて、音楽の聖地を守り続けているここ、ブルーノート東京やコットンクラブ、そしてモーション・ブルー・ヨコハマでその音楽が産声をあげます。

創造のエネルギーに満ちあふれた未来のスター達のレアな才能が、皆さんの素晴らしい感性に出逢うことに僕は心からワクワクしています。そして今回は、僕がインスパイアされ続けている本物のJazz Artist、岡崎好朗、岡崎正典による「OKAZAKI Brothers」の二人と若い才能達との共演も実現します。今までに見たことのないケミストリーを実感していただけると信じています。

夜が明けた時、荒涼とした世界ではなく、皆さんが育んだ音楽があふれた世界でありますように。


小曽根 真

60歳の節目を飾るクラブ・ツアー
世界的ピアニストと新たな才能の共演

音楽シーンを代表するトップ・ピアニストとして世界的活動を続ける小曽根真が、60歳の節目を記念してブルーノート東京、コットンクラブ、モーション・ブルー・ヨコハマを巡るクラブ・ツアーを行なう。1984年のデビュー以来、立ち止まることなく挑戦を続け、昨年春の緊急事態宣言下には自宅からピアノ演奏を53日連続で配信。また同年6月、ブルーノート東京の再スタートを感動的なステージで飾り、あらためて音楽の力を証明してみせた。今年3月にリリースしたピアノソロ・アルバム『OZONE60』では、還暦を迎えてさらに成熟した姿を印象づけている。今回のツアーでは、小曽根が新たに挑むプロジェクトをフィーチャー。本公演には、ベーシストでヴォーカリストの石川紅奈と日本で活躍するドイツ人ドラマー、デニス・フレーゼに加え、スペシャル・ゲストでトランペッターの曲輪大地が登場。ジャズの歴史を担う新たな才能に出会うことも楽しみな公演だ。
小曽根真 "OZONE 60 in Club"
New Project "From OZONE till Dawn"
Part IV. "A Rose & The Beasts"
featuring 石川紅奈 & DENNIS FREHSE
Special Guest:曲輪大地

MAKOTO OZONE

<公演延期>2021. 8.24.tue & 8.25.wed
[1st.show] open 5:00pm / start 6:00pm
[2nd.show] open 7:45pm / start 8:30pm

MEMBER
小曽根真 (p)
石川紅奈 (vo,b)
デニス・フレーゼ (ds)

【スペシャル・ゲスト】
曲輪大地 (tp)

CHARGE/料金

[全席指定]
テーブル席 : ¥8,800
ボックスシート・センター (2名席) : ¥11,500
ボックスシート・サイド (2名席) : ¥10,500
ボックスシート・ペア (2名席) : ¥11,000
ペア・シート (2名席) : ¥10,000
※料金は1名様あたりの金額となります。
座席表はこちら
※通常と異なる座席レイアウトになっております。

店舗での感染症(COVID-19)に対する取り組みについて
当店ではお客さま、出演者およびスタッフの健康と安全に最大限配慮したうえで、新型コロナウイルスによる感染症への対策を行っております。詳しくはこちらのページをご覧ください。お客様におかれましても感染防止策へのご理解とご協力をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。コットンクラブ

DISCOGRAPHY/ディスコグラフィ

disk1

小曽根真
『OZONE 60』
(ユニバーサルミュージック)

disk2

小曽根真 featuring No Name Horses
『アンティル・ウィ・ヴァニッシュ 15×15』
(ユニバーサルミュージック)

disk3

ニューヨーク・フィルハーモニック / 指揮:アラン・ギルバート / ピアノ:小曽根真
『ビヨンド・ボーダーズ』
(ユニバーサルミュージック)

disk4

小曽根真 THE TRIO
『ディメンションズ』
(ユニバーサルミュージック)

メンバープロフィール

<メンバープロフィール/ Member Profile>

石川紅奈

埼玉県出身。高校時代、ジャズ・バンド部への入部をきっかけに、ウッドベースに出会い、楽器の音色や質感に惹かれ、ベースを弾き続ける事を決意する。高校卒業後、国立音楽大学ジャズ専修にて井上陽介、金子健に師事。大学卒業後には、高島みほの下でヴォーカルのスキルを磨き、現在はベースの弾き語りやヴォーカリストとして活動するほか、様々な形で演奏活動を行っている。

デニス・フレーゼ

ドイツ生まれ。バークリー音楽大学を首席で卒業。帰国後、ブランフォード・マルサリス、ジェシ・デイヴィスらと共演し、全欧各国での演奏活動を展開すると同時に、教育の場でも実績を挙げる。2009年より拠点を東京に移し、小曽根真、松田聖子、渡辺貞夫、小野リサをはじめ多くのミュージシャンと共演を重ねる。現在は洗足学園音楽大学ジャズ・コース講師を務めている。

曲輪大地

国立音楽大学ジャズ専修1期生。2015年から2年連続で『Jazz Festival at Conservatory』にて、選抜メンバーによるビッグ・バンドのリード・トランペットを務める。2018年、フランスへ留学し、パリ、リヨンでジャズを学ぶ。2020年、師である小曽根真が率いるビッグ・バンドNo Name Horsesのブルーノート東京公演に出演を果たす。


コットンクラブへのお問い合わせはこちら
© COTTON CLUB JAPAN, INC. All rights reserved.