COTTON CLUB

本公演の推薦コメントをいただきました本公演に出演するベース奏者 ヤネク・グウィズダーラの推薦コメントをいただきました。(更新日:2019.3.5)

<フレットレス・ベース奏者:織原 良次>

1951年に産まれたフェンダー・ベースを基準とするならばあらゆる楽器の中で最も若いと言っていいであろうエレクトリック・ベース。このロマン溢れる楽器は21世紀に入ってもアップデートを繰り返し、群雄割拠する個性的でテクニカルなエレクトリック・ベース奏者の中でも常に旗手役を務めるのがヤネク・グウィズダーラです。クラシック・ギター由来のテクニックと5弦ベースによる有機的なコードワーク。そしてパット・メセニーを思わせるような豊かなメロディー・ラインをエレクトリック・ベースで表現しています。今回は、華やかなキャリアを誇るジョージ・ウィッティ、そしてスティーブ・ガッド以降のジャズ・フュージョン・ドラム界を牽引したトム・ブレックライン(エレクトリック・ベース奏者にとっては80'sウェイン・ショーター・バンドでのゲイリー・ウィリスとのリズム隊として、もしくはチック・コリア絡みが印象的か)とのユニットで登場。貴重なセッションをお見逃しなく!

コンテンポラリー・ジャズを牽引する凄腕3人
白熱プレイで繰り広げるスペシャル・ステージ!

キーボードの魔術師”ジョージ・ウィッティ(セリーヌ・ディオン、サンタナ、ブレッカー・ブラザーズ・バンド)、“ジャコ・パストリアス以来の才人ベーシスト”ヤネク・グウィズダーラ(マイク・スターン、グレッチェン・パーラト、ピーター・アースキン)、“万能のドラマー”トム・ブレックライン(チック・コリア、ウェイン・ショーター、ロベン・フォード)。コンテンポラリー・ジャズを牽引する3人の凄腕たちが集まったユニット“サード・レール”が遂に日本初上陸、白熱のパフォーマンスを繰り広げる。アルバム『IGNITION: Live Across Europe』から早5年。神技の域に達したテクニック、グルーヴ、アンサンブルであらゆる音楽ファンをノックアウトすること間違いなし!
THIRD RAIL featuring
GEORGE WHITTY, JANEK GWIZDALA & TOM BRECHTLEIN

サード・レール・フィーチャリング・
ジョージ・ウィッティ,ヤネク・グウィズダーラ & トム・ブレックライン

2019. 5.9.thu - 5.11.sat
■5.9.thu & 5.10.fri
[1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
[2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm

■5.11.sat
[1st.show] open 4:00pm / start 5:00pm
[2nd.show] open 6:30pm / start 8:00pm

MEMBER
George Whitty (key)
Janek Gwizdala (b)
Tom Brechtlein (ds)

[予約受付開始日] 2019/2/23(土)

CHARGE/料金

  • [自由席] テーブル席 : ¥7,000
  • [指定席]
    BOX A (4名席) : ¥9,000
    BOX B (2名席) : ¥8,500
    BOX S (2名席) : ¥8,500
    SEAT C (2名席) : ¥8,000

予約はこちら 座席表はこちら ディナープランはこちら

DISCOGRAPHY/ディスコグラフィ

disk1

Third Rail
『IGNITION: Live Across Europe』
(Aerohead Music)

予約はこちら
学生割引の詳細はこちら
コットンクラブの楽しみ方
コットンクラブへのお問い合わせはこちら
©COTTON CLUB JAPAN, INC. All rights reserved.