COTTON CLUB

本公演のコメントをいただきました本公演の推薦コメントをいただきました。 (更新日:2015.9/2)
<作曲家、ボサノヴァ・ギタリスト、プロデューサー: 伊藤ゴロー>
エリスのバンドに参加していたベーシストのルイザォン・マイアの家にお邪魔した時に「素晴らしい曲がある」といって聴かせてくれた曲が「Sem Pishar No Chão」。 僕も大好きな曲だったので、さっそくベースとギターでセッションし、ルイザォンと意気投合できた。ジョビンやカエターノ、ジョアンのハーモニー、ボサノヴァのエッセンスが詰まった名曲だ。 僕がやっているnaomi & goro の1stアルバムでこの曲をカバーした理由にはこんな経緯があった。彼の音楽にはジョアンやカエターノに共通する儚さ、郷愁、知的でモノトーンな色気が漂う。 トム・ジョビンへのオマージュ作品は傑作。彼独特の余韻の美学に浸れるこのライブは見逃せない。

ブラジル出身のシンガー・ソングライター
“ボサ・ノヴァの父”へのオマージュを込めた新作を携え再登場!

N.Y.ブルックリンを拠点に活動を続けるブラジル出身のシンガー・ソングライター、ヴィニシウス・カントゥアリアがニュー・アルバム『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』を携え待望の再登場。ブラジル北部アマゾン川流域の都市マナウスに生まれ、6歳からリオで育つ。カエターノ・ヴェローゾのバンド・メンバーを経て、'83年から本格的なソロ活動を開始した。最新作には、その幅広い交友を物語るかのように、ビル・フリゼール、メロディ・ガルドー、セルソ・フォンセカ、坂本龍一、ジョイス等が参加。「イパネマの娘」、「フェリシダーヂ」等の名曲に新たな息吹を注いだ。“ボサ・ノヴァの父”アントニオ・カルロス・ジョビンへのオマージュ曲を中心に、“ブラジルの吟遊詩人”ヴィニシウスの世界観が広がる必見必聴の一夜になりそうだ。
VINICIUS CANTUÁRIA QUARTET
ヴィニシウス・カントゥアリア・カルテット

2015. 9.8.tue - 9.10.thu
[1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
[2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm

MEMBER
Vinicius Cantuária (vo,g), Helio Alves (p), Paul Socolow (b), Adriano Santos (ds)

[予約受付開始日] 2015/8/8(土)

CHARGE/料金

  • [自由席] テーブル席 : ¥7,500
  • [指定席]
    BOX A (4名席) : ¥9,500
    BOX B (2名席) : ¥9,000
    BOX S (2名席) : ¥9,000
    SEAT C (2名席) : ¥8,500

予約はこちら 座席表はこちら ディナープランはこちら

DISCOGRAPHY/ディスコグラフィ

disk1

Vinicius Cantuária
『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』
(ソングエクス・ジャズ)

disk2

Vinicius Cantuária
『アパート暮らしのインヂオ』
(ソングエクス・ジャズ)

disk3

Bill Frisell / Vinicius Cantuária
『ラグリマス・メシカーナス』
(コントラリード)

disk4

Vinicius Cantuária
『サンバ・カリオカ』
(Pヴァイン)

予約はこちら
学生割引の詳細はこちら
コットンクラブの楽しみ方
コットンクラブへのお問い合わせはこちら
resonance bluenotetokyo backyard motionblueyokohama  
tune-yokohama brooklynparlor cafe1045 BlueBooksCafe
©COTTON CLUB JAPAN, INC. All rights reserved.