COTTON CLUB

本公演の推薦コメントをいただきました本公演の推薦コメントをいただきました。

<中川ヨウ (音楽評論家・洗足学園音楽大学客員教授)> (更新日:2017.2/9)

ジョーイ・カルデラッツォ(p)が故マイケル・ブレッカーのグループでデビューしてきた1986年、その凄まじい超絶高速プレイに、NY中が腰を抜かした。そして、1999年にブランフォード・マルサリス・クァルテットに参加してからは、音楽的研鑽を重ね、涙が出そうになるほど美しいバラード、そしてストライド・ピアノの面白さを自分のものにしてきた。硬軟両面で、今最もピアノで歌える人である。自身のトリオでの来日公演だ。たっぷりと聴かせてもらおうと思う。

詩的なフレージングと透明感を感じさせるハーモニー
人気ピアニストがトリオで繰り広げる最先端ジャズ

’80年代後半に彗星のごとく登場。シャープなタッチ、情熱的な即興演奏、透明感あふれるハーモニーで現在もなおジャズ・ピアノ界を牽引するジョーイ・カルデラッツォがトリオで来日する。ブルーノートやコロンビア等の名門レーベルから数々のリーダー・アルバムを発表するいっぽうで、故マイケル・ブレッカーやブランフォード・マルサリスのバンドでも演奏。2015年リリースの近作『ゴーイング・ホーム』はニューヨーク・タイムズ紙でも絶賛を受けた。オーランド・レ・フレミング、ドナルド・エドワーズと共に奏でるカルデラッツォの新世界は必見必聴だ。
JOEY CALDERAZZO TRIO
ジョーイ・カルデラッツォ・トリオ

2017. 2.20.mon - 2.23.thu
[1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
[2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm

MEMBER
Joey Calderazzo (p)
Orlando Le Fleming (b)
Donald Edwards (ds)

[予約受付開始日] 2016/12/17(土)

CHARGE/料金

  • [自由席] テーブル席 : ¥7,000
  • [指定席]
    BOX A (4名席) : ¥9,000
    BOX B (2名席) : ¥8,500
    BOX S (2名席) : ¥8,500
    SEAT C (2名席) : ¥8,000

予約はこちら 座席表はこちら ディナープランはこちら

DISCOGRAPHY/ディスコグラフィ

disk1

Joey Calderazzo
『Going Home』
(Sunnyside /
キングインターナショナル)

disk2

Joey Calderazzo
『Live』
(Sunnyside /
キングインターナショナル)

disk3

Branford Marsalis /
Joey Calderazzo
『Songs Of Mirth And Melancholy』
(ユニバーサルミュージック)

予約はこちら
学生割引の詳細はこちら
コットンクラブの楽しみ方
コットンクラブへのお問い合わせはこちら
resonance bluenotetokyo backyard motionblueyokohama  
tune-yokohama brooklynparlor cafe1045 BlueBooksCafe
©COTTON CLUB JAPAN, INC. All rights reserved.