COTTON CLUB

出演アーティスト・プロフィールはこちら


本公演の推薦コメントをいただきました本公演の推薦コメントをいただきました。(更新日:2022.4.13)

<谷口慶介(Playwright レーベル・ディレクター)>
私はライヴを観るとき、ピアニストの表情と姿勢を気にします。草田一駿君の演奏時に時折見せる「クシュっ!」とした表情がとても好きです。たいがい、そういう時は良い演奏だったりします。今後彼が自身の作品を世に放つにあたり、どれだけの表情を見せられるのか、本当に楽しみで仕方ありません。先駆けて披露の場を設けて頂きありがとうございます。



<ピーター・バラカン(ブロードキャスター)>


国際ジャズ・デイとはいえ、KOYUKIはジャズではないですが、彼女のギターは巧い。要注目です。




<井上銘(ギタリスト)>

Jazz大陸として名高い札幌にヤバい高校生ギタリストがいるという噂は数年前から聞いていました。昨年初めて共演してからというもの、それはそれは驚きの連続であります。平田晃一くんは、19歳というお面を被った熟練の達人。奏でる音はジャズへの深ーーーい愛を感じさせながら、どこまでも新鮮に響きます。彼は時空を超えてやってきた宇宙人なのでしょうか。素晴らしいジャズギタリストの登場を皆でお祝いしましょう。

眩しい輝きを放つアーティスト3組が集結!
未来を担う若き才能によるショーケースライヴ

4月30日、ユネスコ制定「International Jazz Day(国際ジャズ・デイ)」に、コットンクラブが今一押しの次世代アーティスト3組を集めたショーケースライヴを開催。眩しい輝きを放つ若手たちがそれぞれのワン・ステージを繰り広げる。この日に登場するのは、2年連続でフジロックのステージに立ち、今年デビュー・アルバムを"Playwright"レーベルよりリリース予定の鍵盤奏者・コンポーザー、草田一駿が率いるトリオ。そして、10代の頃から数々のコンクールで入賞し、トミー・エマニュエルの日本ツアーでステージを共にした技巧派ギタリスト、KOYUKI。都内近郊のジャズ・クラブを中心に演奏活動を展開し、頭角を現しはじめた現役大学生ジャズ・ギタリスト、平田晃一のカルテット。未来を担う、若き才能との出会いに期待が高まる。
Celebrate "International Jazz Day" with Promising Young Stars
KAZUTOSHI SOHTA TRIO α × KOYUKI × KOICHI HIRATA QUARTET

草田一駿トリオ アルファ × KOYUKI × 平田晃一カルテット

2022 4.30 sat.
open 4:30pm / start 5:30pm
※1日1.showになります。

MEMBER
草田一駿 (p)
宮地遼 (b)
井口なつみ (ds)

KOYUKI (g)

平田晃一 (g)
平倉初音 (p)
若井俊也 (b)
柳沼佑育 (ds)

[予約受付開始日]
【Web先行受付】2022/4/4(月)
【電話受付】2022/4/7(木)

CHARGE/料金

[全席指定]
テーブル席 : ¥5,800
ボックスシート・センター (2名席) : ¥8,500
ボックスシート・サイド (2名席) : ¥7,500
ボックスシート・ペア (2名席) : ¥8,000
ペア・シート (2名席) : ¥7,000
※料金は1名様あたりの金額となります。
予約はこちら 座席表はこちら
※通常と異なる座席レイアウトになっております。
店舗での感染症(COVID-19)に対する取り組みについて
当店ではお客さま、出演者およびスタッフの健康と安全に最大限配慮したうえで、新型コロナウイルスによる感染症への対策を行っております。詳しくはこちらのページをご覧ください。お客様におかれましても感染防止策へのご理解とご協力をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
当公演におけるイベント開催時感染症対策の基本方針チェックリストはこちら
コットンクラブ

DISCOGRAPHY/ディスコグラフィ

disk1

草田一駿
『Alea Jacta Est』
(Playwright)
※デジタル配信

disk2

KOYUKI
『TIME TRAIN』
(FREIGHT TRAIN RECORDS)
※デジタル配信

<アーティストプロフィール / Artist Profile>


草田一駿

1999年広島県生まれ。5歳よりピアノを始め、13歳よりジャズやロック等に開眼し同時に作曲活動を開始。2020年、“草田一駿 五重奏体系”でFUJI ROCK FESTIVALの“ROOKIE A GO-GO”に登場、翌年は“FIELD OF HEAVEN”のステージに出演し話題を集めた。2022年に待望のデビュー・アルバムをPlaywrightよりリリース予定。


KOYUKI

2001年大阪府生まれ。6歳からピアノを習い10歳からギターを弾き始める。これまで数々のコンクールで入賞し、2013年と2015年、トミー・エマニュエル大阪公演のステージに飛び入り参加するなど、10代からその実力が認められてきた。カントリー奏法、ギャロッピング、高速アルペジオなど、繊細且つ情熱的な演奏を得意とするフィンガースタイル・ギタリストで、現役大学生。


平田晃一

2002年北海道生まれ。8歳でギターを始める。中学時代に「札幌ジュニアジャズ・スクール」に所属し、その後、札幌市内のライヴハウス等での演奏活動を開始する。2019年、インドネシアにて開催されたJava Jazz Festivalに出演。2021年、大学進学に伴い上京。現在は都内近郊を中心にさまざまな編成で演奏活動を行なっている注目の若手ジャズ・ギタリスト。

予約はこちら
学生割引の詳細はこちら
コットンクラブへのお問い合わせはこちら
© COTTON CLUB JAPAN, INC. All rights reserved.