COTTON CLUB

成人を迎える方はミュージック・チャージ無料


本公演の推薦コメントをいただきました本公演の推薦コメントをいただきました。(更新日:2019.12.26)

<ギタリスト:増崎孝司 (DIMENSION)>
ギターの可能性を最大限に広げたウェイン・クランツ。そして彼の感性をどこまでも自由に受け止めるリズム隊。この最強とも言えるトリオはメロディ・ハーモニー・グルーヴが一体となって聴く人に様々な思いを与えてくれるでしょう。カテゴライズされないウェインの音楽/ギター、そしてリアルなJamを是非多くの方に体験して欲しいです。



<ドラマー:神保彰>
キース・カーロックのドラミングの魅力は、何と言っても懐の深い豪快なグルーヴと、テクニックに裏打ちされたスピード感溢れる演奏スタイルでしょう。セッティングも独特で、通常ドラマー側に傾けてセットされるタムタムやフロアタムを、ほぼ水平もしくは逆サイドにチルトさせ、おそらくは梃子の原理を利用して、信じられないほどパワフルなサウンドを叩き出します。ワンアンドオンリーのプレイを間近で体感できる絶好のチャンスです。


<ベーシスト:中西道彦 (Yasei Collective)>
実はこのトリオ、10年前の来日時も聴きに行っております。奇しくもヤセイ・コレクティブの結成の年でした。ウェインとキースの摩訶不思議なインタープレイをポップでロックなかっこよさに落とし込むベーシストのティムは、僕が10年追いかけ続けているベース・ヒーローです。別々に何度も来日していますが、このトリオでの演奏の自由さはまさに別格。最先端のジェットコースター・ジャムを一緒に体験しましょう!

革新的に独自のスタイルを築き上げてきたスーパーギタリスト
長年の盟友たちとトリオで10年ぶりのステージ

ウェイン・クランツ、ティム・ルフェーヴル、キース・カーロック。2009年にアルバム『KRANTZ CARLOCK LEFEBVRE』をリリース、翌年2月に来日した伝説的トリオが10年ぶりにコットンクラブに戻ってくる。クランツは‘85年からN.Y.の第一線で活動し、ブレッカー・ブラザーズ、スティーリー・ダン、クリス・ポッターなど数多くのミュージシャンと共演。ルフェーヴルはデヴィッド・ボウイ、マーク・ジュリアナ、デレク・トラックス他のサポートも経験し、カーロックはジョン・メイヤー、ジェームス・テイラー等と共演する一方、2014年からはTOTOの一員としても活動した。音楽シーンの最前線を歩み続ける3人の、圧倒的なテクニックとエモーションを全身で体感したい。
KRANTZ, CARLOCK, LEFEBVRE
クランツ、カーロック、ルフェーヴル

2020. 1.23.thu - 1.25.sat
■1.23.thu & 1.24.fri
[1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
[2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm

■1.25.sat
[1st.show] open 4:00pm / start 5:00pm
[2nd.show] open 6:30pm / start 8:00pm

MEMBER
Wayne Krantz (g)
Tim Lefebvre (b)
Keith Carlock (ds)

[予約受付開始日] 2019/11/23(土)

CHARGE/料金

[自由席] : ¥7,800
[指定席]
ボックスシート・センター (4名席) : ¥10,000
ボックスシート・サイド (2名席) : ¥9,500
ボックスシート・ペア (2名席) : ¥9,500
ペア・シート (2名席) : ¥9,000
※料金は1名様あたりの金額となります。
予約はこちら 座席表はこちら ディナープランはこちら

DISCOGRAPHY/ディスコグラフィ

disk1

Wayne Krantz
『クランツ、カーロック、ルフェーヴル』
(ベル・アンティーク)

disk2

Wayne Krantz
『Good Piranha / Bad Piranha』
(Abstract Logix)

disk3

Wayne Krantz
『ハウイー・シックスティワン』
(P-VINE)

予約はこちら
学生割引の詳細はこちら
コットンクラブの楽しみ方
コットンクラブへのお問い合わせはこちら
©COTTON CLUB JAPAN, INC. All rights reserved.