COTTON CLUB

ロン・カーター 80th バースデイ:クインテット メンバー紹介

結成80年を迎える不滅のビッグ・バンド
グレン・ミラー・オーケストラがついに初登場!

「ムーンライト・セレナーデ」、「イン・ザ・ムード」、「チャタヌーガ・チュー・チュー」、「真珠の首飾り」など数々の名曲で知られるグレン・ミラー・オーケストラがついに初登場、極上のスウィングと最高のステージングでゴージャスな一夜を演出する。創立者のグレン・ミラーは、ベニー・グッドマン等との共演歴もあるトロンボーン奏者。1937年にオーケストラを結成、40年には全米ヒット・チャートで半年間にわたって首位を独走した。その軽快なサウンドはミラー亡き現在も継承され、世界中のファンを魅了している。結成80年記念であると同時に、初来日から50回目の節目となる今回のジャパン・ツアー。黄金のミラー・サウンドを、手の届くような距離で体感したい。
THE GLENN MILLER ORCHESTRA
- Japan Tour 2017 -

ザ・グレン・ミラー・オーケストラ

2017. 11.21.tue & 11.22.wed
[1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
[2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm

MEMBER
Nick Hilscher (music director/vo)、他

[予約受付開始日] 2017/7/29(土)

CHARGE/料金

  • [自由席] テーブル席 : ¥9,000
  • [指定席]
    BOX A (4名席) : ¥11,000
    BOX B (2名席) : ¥10,500
    BOX S (2名席) : ¥10,500
    SEAT C (2名席) : ¥10,000

予約はこちら 座席表はこちら ディナープランはこちら

DISCOGRAPHY/ディスコグラフィ

disk1

『来日記念盤 2016 ザ・スウィング!』
(ビクターエンタテインメント)

disk2

『Live! And In Stereo』
(D&P Music,LLC)

グレン・ミラー・オーケストラとは?

<グレン・ミラー・オーケストラとは?>

1937年にオルトン・グレン・ミラーによって結成。5サックス、4トランペット、4トロンボーン、3リズムという編成は、当時ミラーが最初に作り出したビッグ・バンドの典型的なスタイルで、それにサックス・セクションをクラリネットがリードするという演奏手法も、オリジナルのものである。グレン・ミラーが亡くなった後も、様々な音楽家がグレン・ミラー楽団を存続させ、今も世界中のファンを楽しませている。日本でも高い人気を誇り、一年に一度はコンサートが開催されている。「ムーン・ライト・セレナーデ」「イン・ザ・ムード」など名曲中の名曲をレパートリーに、踊り(ポーズをとり)ながら演奏するといった、見て楽しめるステージングも心得ていて、まさに、ショーのためのビッグ・バンドである。


ニック・ヒルシャー:Nick Hilscher
(music director/vo)

アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ生まれ。1997年度アラバマ大学アーティストピアノ大会で準優勝。2000年度にはサムフォード大学を音楽学士(ピアノ)で卒業。1998年、大学在学中に、ザ・グレン・ミラーオーケストラのヴォーカルとして大抜擢されて以来、現在に至るまでヴォーカリストとして活躍中。 2005年にはトロンボーン奏者のトミー・ドーシーの生誕100周年記念公演に参加。当時トミー・ドーシー・オーケストラのミュージックディレクターをしていた伝説的トロンボーン奏者のバディー・モローに師事。彼の助言によりヒルシャーのパフォーマンスと音楽的才能が引き出され、モローが亡くなった後に、ヒルシャーはトミー・ドーシー・オーケストラのミュージックディレクターに就任、その後2012年1月12日からはザ・グレン・ミラーオーケストラのミュージックディレクターを務めている。

予約はこちら
学生割引の詳細はこちら
コットンクラブの楽しみ方
コットンクラブへのお問い合わせはこちら
resonance bluenotetokyo backyard motionblueyokohama  
tune-yokohama brooklynparlor cafe1045 BlueBooksCafe
©COTTON CLUB JAPAN, INC. All rights reserved.